家を長期不在にするならリロケーションに出そう

レディ

家賃滞納対策に

男性

家賃保証とは従来の連帯保証人の代わりに、家賃保証会社にお金を払うことによって連帯保証人になってもらう仕組みのことです。借りる側としては連帯保証人を立てる必要がないこと、大家側としては、家賃滞納のリスクが少なくなるというメリットがあります。

もっと読む

知っておきたい投資のこと

アパート

サラリーマンでも簡単に始めることができるマンション投資ですが、そのリスクもしっかりと理解することが大事です。例えば空き部屋となって家賃収入が入らないリスクや、将来転売する際の値下がりなどを考慮する必要があります。

もっと読む

セミナー参加がカギ

講義

不動産投資をするにあたって、情報収集は大事なポイントになります。不動産投資セミナーは最も信頼できる情報となります。営業活動の一環として行っているため、不動産売買の情報には注意しなければなりません。

もっと読む

家を留守にする時の運用法

部屋

期限付きで自宅を賃貸に

リロケーションの特徴は、期限付きで自宅を賃貸物件として貸し出すことができるところです。これまで、転勤などで家を長期間留守にする時、個人では賃貸契約を交わすのは一般的ではありませんでした。大手企業が留守宅を借り上げ、他の社員に貸し出す借上社宅制度を行っているぐらいで、一般的な運用方法とは言えませんでした。一度貸した住まいを期限までに明け渡して貰えないリスクを考えたら、普通の住民にとってはリスクが高い運用方法だからです。ところが、1992年に期限付借家権が借地借家法で認められ、8年後の2000年には定期借家権も導入されました。この法律の創設によって、転勤する人間は期限付きで自宅を賃貸として貸し出し利益を得ることができるようになりました。リロケーションは借りる側にとっても更新料が要らないので、メリットが多い借り方です。

借り手と貸し手の利点

リロケーションは、借り手にとっても貸し手にとってもメリットが多く、人気があります。通常、賃貸物件を借りる時は数年毎に更新料を支払わなければなりません。けれどリロケーション物件は本人の希望で更新できない代わりに、更新料を請求されることもありません。純粋に家賃だけ支払えば良いので短い期間賃貸物件を必要としている方にも最適です。また、貸し手にとって留守中の住まいで家賃収入を得ることができるので、経済的メリットも少なくありません。特にローン完済前ならローン返済の助けになるので、安心して自宅を離れることができます。家は長い間人が住んでいないと傷みやすくなりますし、防犯上の問題も心配です。留守中人に住んで貰えば帰宅時家を掃除、修繕する作業も楽になります。家は密閉状態が続くと速いペースで傷むので、家賃を支払って貰いながら人に住んで貰えるリロケーションは転勤族にとって最高の運用方法です。