家賃滞納対策に|家を長期不在にするならリロケーションに出そう

家を長期不在にするならリロケーションに出そう

男の人

家賃滞納対策に

男性

連帯保証人の代わりになる

家賃保証とは従来の賃貸契約をするときに必要だった連帯保証人の代わりに、家賃保証会社にお金を払い、連帯保証人になってもらう仕組みのことです。賃貸契約をする側としては、連帯保証人をたてる必要がなくなり、大家や不動産会社にとっては家賃の滞納や督促業務の心配がいらなくなるというメリットがあります。高齢化社会や一人世帯の増加によって、連帯保証人をたてることが難しくなったり、非正規雇用や失業者が増加することによって連帯保証人の責務を果たせない人が増えてきたことから、家賃保証のニーズが高まっています。家賃保証会社を利用するときには、入居時に審査がありますが、家賃に見合った収入があったり、金融事故がなければ大丈夫です。

メリットとは

家賃保証会社を利用するメリットですが、借りる側には連帯保証人を立てる必要がないこと、大家側としては家賃滞納のリスクを減らせることがあげられます。借りる側としては、審査が必要になりますが、連帯保証人なしに自分の信用だけで部屋を借りることができるので、部屋を借りやすくなります。大家としては家賃を滞納されることが一番の心配事ですが、家賃保証会社は滞納者に対して家賃の回収を行ってくれるので、その心配をする必要がありません。家賃保証会社は、家賃の滞納があるとそれだけ利益が少なくなりますので、大家や不動産会社が催促するよりも確実に家賃の滞納を減らすことができるのです。また、家賃滞納請求の法的措置も代行してもらえるので、安心できます。